ラボグロウンダイヤについて

限りなく純粋。人類が創造した、本物の輝き。

地球が生み出した奇跡の輝きで、時を超えて心を捉え続けてきたダイヤモンド。
ラボグロウンダイヤモンドは、その輝きを天然ダイヤモンドと全く同じ成分・性質を持ちながら、
限りなく純粋な輝きを実現した知とテクノロジーの結晶です。

       

天然ダイヤモンドは、数百万年、数億年以上前に地球内部の超高温・高圧下の環境で形作られたものですが、
ラボグロウンダイヤモンドは、CVD(化学気相蒸着法)またはHPHT(高温高圧法)という方法でダイヤモンドが
生まれる環境を再現し、生成されます。

完全に管理された生成プロセスによって、ラボグロウンダイヤモンドは天然ダイヤモンドには避けられない
不純物を極力少なくすることができ、より純度の高い輝きを放ちます。TERRA1012は、この新時代の
ダイヤモンドを、本質を見つめ、自分らしく輝く女性にお届けするために誕生しました。

エシカルな生き方に似合う、無垢な輝き。

ラボグロウンダイヤモンドは生産プロセスにおける土壌ダメージがなく、排気ガスの放出もほとんどありません。
また、そのプロセスは、天然ダイヤモンドが抱える貧困、紛争といった社会的な問題からも完全に解放されており、
エシカル消費の視点においても無垢なダイヤモンドなのです。

自分だけではなく、他者や世界も想う、そんなあなたにこそ選んでいただきたい理由がそこにあります。
TERRA1012は、品質、社会的、環境的サスティナビリティーに優れたラボグロウンダイヤモンドを、
よりお求めやすい価格での提供を可能にすることによって、人、世界、ダイヤモンドの新しい関係をご提案します。

TERRAIO12

DIAMOND の4C について

G.I.A(米国宝石学会)が定めた、カットされたダイヤモンドの品質を評価する 4 つの要素―カラット、クラリティ、カット、カラーの各要素に『C』が付くことから『4C』と呼ばれています。

carat
カラット(キャラット)とは、ダイヤモンドの重さのことで、『ct』と表します。
1 カラットは0.2gと定義され、大きなダイヤモンドほど値段は上がっていきますが、ダイヤモンドの価値はカラット重量だけでなく、4C すべての要素を使用して決定されます。
clarity
クラリティ(透明度)とは、内部の特徴(インクルージョン)と外部の特徴(ブレミッシュ)で評価されます。無傷の『FL』から『I3』までの 11 段階に分けられます。
TERRA1012 では、『VS2』以上のダイヤモンドを使用しています。
グレード
FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I5
※1 ※2 10倍に拡大して
発見が非常に困難
10倍に拡大して
発見が困難
肉眼で発見が困難 肉眼で発見出来る
  • (※1)10倍に拡大して内部にも外部にも欠点が確認できない
  • (※2)10倍に拡大して内部に欠点を確認できず、外部に非常に緻密な傷等が確認できる
cut
4Cのうち、唯一人間の手によるもので、カット技術の良し悪しが輝きに影響します。<プロポーション(形状)>と<フィニッシュ(仕上げ)>の総合評価で、『エクセレント』から『プア』までの 5 段階評価に分けられます。
TERRA1012 では、『Very Good』以上のダイヤモンドを使用しています。
グレード
Excellent Very Good Good Fair Poor
color
ダイヤモンドの色の評価を表します。
無色透明の『D』を最高とし、『Z』までの 23 段階に分けられます。
TERRA1012 では、『H』カラー以上のダイヤモンドを使用しています。
グレード
D E F G H I J K L M N-R S-Z
無色 ほぼ無色 わずかな黄色 非常に薄い黄色 薄い黄色

PINK DIAMOND

TERRA1012のピンクダイヤモンド

天然のピンクダイヤモンドは非常に希少で、その年間生産量は、天然ダイヤモンドの総量のわずか0.005%以下とも言われています。自然界の中でなぜピンク色になるのか未だ解明されておらず、その色味、明るさも様々です。ラボで造られるピンクダイヤモンドにおいても完全に色味、明るさをコントロールするのは困難であるため、一定以上のピンク色の濃さと明るさを持つ「ファンシーピンク」の流通量は未だ限られています。TERRA1012では、ファンシーピンクの中でも、より日本人の肌に似合う色味の石を厳選し、ピンクダイヤモンドコレクションを展開。天然ダイヤモンドでは難しかったピンクダイヤモンドの楽しみをお届けします。

TERRAIO12